ストレスが原因で逆流性食道

ストレスを溜めないことが重要

この世の中でストレスがゼロな人はいないと思います。
ましてや社会に出て仕事をするとなると何かしらのイラ立ち、自分の考えていることとは違うことが必ず起こり、ストレスが発症すると思います。

 

 

このストレスが起きることをあたり前と取るか、苦痛ととるかで大きく変わると思います。ストレスがあるから、どのようにしたら乗り越えるのかを考え、自分自身を成長させようと考える人もいますし、そのまま放置して、ストレスを過剰化させてしまう人もいます。

 

 

ストレスはけっして悪い面だけではないために、過剰にストレスを感じた場合は、どのようにしたらケアできるのかを考え、精神的な部分を自分の中でうまく調節し、コントロールさせることが一番大切だと思います。

 

そうすれば、ストレス=良いストレスになります。

 

 

しかし、ストレスを毎日のように受け、バランスよくコントロール出来ないと、心身がうまく対処できなくなり、自律神経の乱れが起こってしまいます。

 

自律神経の乱れが起こると、不安障害、不眠症が、うつ病などに繋がる恐れがるために、少しでも違和感を感じた場合にはケアを心がけることが重要。

 

なおかつ、汁つ神経は精神的な部分から、徐々に体のいろいろな臓器に影響を与えます。そのなかでも、胃や大腸、小腸にダメージを与え、徐々に痛みを感じやすくなります。

 

これが位から起こる「逆流性食道炎、胃痛、十二指腸」などに関係してきます。
たしかに、このような痛みを感じた場合にはタケプロンなどの専用の薬を服用すれば、改善をすることができます。

 

しかし、たとえ薬を服用したとしても、原因であるストレスまではケアをすることはできないために、普段から精神的な部分に影響を受けている障害をどうケアしていくかを考えておかなくてはいけません。

 

 

上部へもどる