胃の大きさ

胃とダイエット

ダイエットをする問が小さくなるのか?つまり、ダイエットを意識するとなると、普段からの食事の量が少なくなるために、胃がどんどんと小さくなるのではないかと考える人も多いと思います。

 

食習慣で簡単に胃のサイズが変わることも有ります。しかし、考えなければいけないのが、満腹感の問題であり、満腹感は脳の視床下部にある満腹感中枢で完治するわけであり、物を食べてしばらくすると、血糖値が上昇しますが、刺激することでホルモン分泌が活発化され、これが満腹中枢に届くと、脳が満腹感を覚えてきます。

 

だからといって、胃がとんでもないほど大きくなるわけではありませんが、ただ、ガツガツたくさん食べる人は大抵早食いであり、満腹感が届く前に物を食べるために満腹中枢に麻痺してしまうわけであり、ダイエットをする満腹中枢が動くと、満腹を感じられるようになり、そのため胃が小さく感じる人もいますが、実際問題として肺が小さくなることはなく、ダイエットを始めたからといって胃のサイズはさほど変わりません。

 

しかし、毎日のように満腹を超えるほどの大量の食事をとると、胃が少しずつ大きくなる可能性があります。すると、満腹感がどんどん感じなくなり、それだけ食事の量が増えてきますので、自ずと太りやすい体になります。

 

 

上部へもどる