胸焼けの痛みについて

痛みを緩和するには?

逆流性食道炎の痛みとしては症状によりそれぞれ異なるとは思いますが、一般的に多いのが胸の真ん中を”ぎゅー”と摘まれるような痛みです。

 

ただし、このような痛みが軽めで短期間で治まるのなら、さほど心配することはないと思います。しかし、痛みが強く、長期間にわたり”ぎゅーぎゅー”とした痛みが続く場合には注意が必要です。

 

 

あくまでも、逆流性食道炎の痛みの場合、胸の周辺だけでなく、他に「肺、腸」のまわりが病気を併発することもあるそうです。

 

しかし、逆流性食道炎の症状の中で一番多いのは圧倒的に胸の周辺だそうです。痛みの頻度はそれぞれ異なりますが、月に2〜3回ほど痛みを感じる人がいれば、毎日のように激痛を感じ、食事が取れない人もいます。

 

やはり痛みが長期間にわたり続く場合は、病院で検査を受けたり、薬を処方することが大事になります。そのまま放置することで、痛みが強くなる恐れがあります。

 

 

逆流性食道炎の痛みの場所としては、胸の骨の裏側に痛みが起こりやすいとされています。

 

どうして胸の痛みが症状としてあらわれるのか?
これは、胃酸が逆流して食道に炎症をおこす病気だからです。 その炎症がひどくなると、胸にまで焼けつくような痛みをお越し、結果的に胸の周りから激痛を感じてしまいます。

 

 

逆流性食道炎の痛みが軽い場合は、食事管理に意識をしていれば、徐々に緩和するかと思います。
ただし、過剰な痛みが毎日続く場合は、専用の薬であるタケプロンなどを服用し、症状の緩和、改善を図ることが重要になります。

 

 

上部へもどる