逆流性食道炎と便秘の関係

どうして逆流性食道炎と便秘に関係があるのか?

なんだか「逆流性食道炎と便秘」関係性がないように思うのですが、実は密接に関係があります。

 

 

逆流性食道炎は胃、便秘は小腸が要因ですが、便秘が原因で逆流性食道炎が併発することがわかっています。特に最近では、若い女性に増えているそうです。

 

 

逆流性食道炎の症状として、胃酸や十二指腸液と類似して、胃から喉をつたり、おえっと胃液を吐き出しそうな症状が起こります。

 

逆流性食道炎の場合は、食道の粘膜が過剰に刺激され、粘膜に炎症がおきてしまい、逆流が何度も起こってしまいます。

 

そして便秘の原因についてですが、毎日のように便秘が続くことで、次第にお腹に圧力がつたわり、これが胃にも刺激されて、逆流が起こるとされています。

 

お腹に圧力がかかるのは、排便時に腹圧をかけるのと同じことですが、女性の場合、どうしても圧力が弱いために、圧力の調節がうまくコントロール出来ないため、便秘が起こりやすくなります。

 

この圧力が上昇すると、次第に胃に影響が起こり、粘膜に炎症がおき、逆流が起きてしまいます。

 

 

国内の実験によると、若い女性の逆流性食道炎が増えているとのことですが、この要因としては便秘が上げられています。

 

昔と異なり、最近ではダイエットや栄養不可、ストレスなどが影響し、便秘に悩む女性が増えているといわれています。この便秘が関係し、逆流せ医食同源が増加しているとのことです。

 

一昔前までは、逆流性食道炎は50〜60代の男性の高齢者に多く、主な原因は老化が原因で、筋力低下、アルコール、ストレスが要因とされていました。

 

しかし、現在では年齢や男女とはず、逆流性食道炎が増えているとのこと。

 

 

特に、便秘からくる逆流性食道炎の場合は、まず薬を服用する前に、食事環境を改善することから始めるのが大切です。

 

たとえば、「海藻類、豆類、イモ類、きのこ類、海藻類」は、便秘に効く食材とされているので、毎日のように食べることで、便秘、逆流性食道炎の改善につながると言われています。

 

 

上部へもどる