健康的な体作り

食物繊維と乳酸菌

体内の有害物質や余分な資質は健康や美容の大敵、便秘を防いで、速やかに体外に排出します。食物繊維には便の傘を増やして丁の蠕動運動を活発にするほか、有害物質を吸収して町内の掃除をする働きがあります。食物繊維を豊富に含む食品は、野菜やキノコ、豆、海藻、果物など、現代の食生活で不足しがちな野菜は一日に約350gとされています。これは皿で表すと5皿。かなりの量ですね。

 

また、食物繊維は水分を吸収して、ふくらむ性質があるので、食事に味噌汁やスープをつけたり、水やお茶をこまめにとるのもポイントです。そして、ヨーグルトや漬物に含まれる乳酸菌も便秘に有効だし、胃酸を調節してくれる。善玉菌を増やして腸内環境を改善するたらきがあります。

 

それから、ホウレン草やニラ、ノリなどに含まれるクロロフィルも便秘の改善を助けてくれるために、毎日のように食べて、腸内環境や逆流性食道炎を整えておきたい所です。ついつい、野菜不足なり、肉や酒などを取りがちですが、何よりもバランスよく毎日食べることが重要になり、デトックスを助ける栄養なものを毎日取り、健康的な体を持続させたい所です。

 

 

上部へもどる