胃酸分泌を抑える

タケプロンは胃酸の分泌を抑えるのに効果

タケプロンは、胃酸の分泌を抑える有効な薬ということで、胃酸が原因の起こる病気によく用いられています。
プロトンポンプ阻害薬で、胃壁細胞のプロトンポンプに反応して胃酸の分泌を抑えることができるのです。

 

胃潰瘍や十二指腸潰瘍、逆流性食道炎は、胃酸が原因で発症する病ですが、そうした時に有効な薬がタケプロンです。
服用することで胃痛や胸焼けを解消できるので、消化性潰瘍や逆流性食道炎を治療する際によく使用されています。
プロトンポンプ阻害薬として知られるタケプロンは、胃酸の分泌を抑える作用があり、胃酸の分泌を止めることで病気を改善へと導きます。
アセチルコリンやガストリンなど神経伝達物質によって胃酸が分泌されるのですが、それを制御し胃酸分泌を止める力があるのはタケプロンなのです。
胃酸が分泌される際、アセチルコリンやガストリンといったプロトンポンプに集まるのですが、タケプロンはプロトンポンプを阻害することができます。
胃酸の分泌を完全にストップする作用があるので、潰瘍や逆流性食道炎などの消化管のトラブルに効果を発揮するのです。
ただ、服用するとすぐに胃痛は収まりますが、胃酸の量の変化を期待するには、それなりに期間を守って服用する必要があるでしょう。

 

タケプロンは、1日1回の服用で効果が期待できる薬なので、何回も服用する必要がないことから、飲み忘れの心配がありません。
ただ、即効性を期待することはできず、胃酸の分泌を抑えるにはある程度服用期間が決められていて、4週間くらいは様子を見る必要があります。
タケプロンは、胃酸過多や胃潰瘍などに効果的な薬で、胃酸を止める効果は他のどの薬よりも強力です。
処方の内容にもよりますが、服用の際は1日1回が基本で、それでも効果を感じないのなら、違う病気を疑ったほうがいいかもしれません。
そのくらい効果的な薬なのですが、胃酸の分泌を抑えるには、それなりの時間が必要で、基本的には4週間くらい様子を見る必要があるので焦らないようにしましょう。
また、タケプロンはすべての胃酸を止めてしまう強い薬なので、用法を変える場合は医師に相談する必要があります。
適応期間内に効果がない時は、薬を切り替える事など考えなくてはいけません。

 

タケプロンは胃酸の分泌を抑えるのに効果的な薬なのですが、胃酸の量の変化を期待するには時間がかかるので、4週間くらいは様子を見る必要があります。
即効性はないので、医師と話し合いながらしっかり使用していきましょう。

 

 

上部へもどる