食道がんはなぜ起こるのか?

食道がんは、飲酒や喫煙、食生活が原因

私は大丈夫と言いながら、病院で検査をしたら、食道がんになった・・・そんなことが実際にあります。
最近は食道がんになる人が増えています。その原因としてよく挙げられるのが、アルコールが含まれている酒やタールやーニコチンの喫煙などの生活習慣です。

 

それから、ストレスや不眠症など刺激の強い食生活も指摘され、逆流性食道炎が食道がんの引き金になることもわかっています。

 

食道がんになりたくなければ、飲酒や喫煙、刺激物を摂るなどの生活習慣を改める必要があります。
その中でも多いのが食道の内側の粘膜にできる扁平上皮がんは、飲酒や喫煙の影響がかなりあると言われます。

 

あくまでもビールや焼酎、ワインを飲むことが悪いことではありません。むしろ、体内に吸収することで、ストレス解消になります。
問題は飲みすぎることですね。

 

アルコールを分解する酵素不足の人は特に要注意で、有害物質をうまく分解できないのでがんのリスクが普通の人より高いです。
また、熱い物や刺激物なども食道がんの要因と言われているので、普段からそうした食生活をしている人は改善をおすすめします。

 

それから、ちょっとしたことで、食道がんの原因になることがわかっています。たとえば、熱いお茶や辛いスパイスなどを使う料理が多い国ほど、食道がんの罹患率が高いと言われているので、食道の粘膜にできるだけダメージを与えない生活をするようにしましょう。

 

むしろお茶は熱いのは当たり前なんですが、唇や舌に刺激を与えることが問題です。

 

食道がんの多い原因としてバレット食道があげられます。
バレット食道は食道に胃酸が逆流する逆流性食道炎が頻繁に起こるようになると、胃の粘膜に食道の粘膜が似た状態になってしまいます。
逆流性食道炎から食道がんへと進行することは多いので、胸やけが続くなら、すぐに内視鏡検査を受けることです。

 

食道がんで亡くなる人は最近よく見受けられますが、その原因の多くは、飲酒や喫煙であることが多い。
特に、タバコの場合は、食道がん以外にも肺や腸にも影響を受けるために、本数を減らすか禁煙を行いたいものです。

 

胃がんや大腸がんと同じく、進行しないと自覚症状が出ないのが食道がんの怖いところで、気がついた時には取り返しのつかない状態になっていることも少なくありません。
日頃から大量の飲酒や喫煙が習慣の人は特に注意が必要で、お酒を毎日3合以上飲んでいる人のリスクは通常の60倍以上というデータがあるほどです。
食道がんは遺伝すると耳にしますが、それはがんそのものが遺伝するのではなく、体質の遺伝があるという理由です。
生活習慣は親に似ることが多く、飲酒や喫煙の習慣は親から譲り受けることが多いものです。
アルコールを分解する早さについては、遺伝的な事も考えられますが、食道がんについては同じような生活習慣を行っている事に注意をすることが大切です。
喫煙についても注意が必要で、非喫煙者と比較すると、食道がんになるリスクは7倍と非常に高くなっています。

 

食道がんは、飲酒や喫煙、食生活が要因と言われているので、普段の生活習慣には十分に気をつける必要があります。
飲酒や喫煙は、その害を直接うけるのでできれば避けるべきで、また刺激物も食道がんの要因になるので食生活を改善しましょう。

 

 

 

上部へもどる