ダイエット胃酸にダメージを与える

妊娠中は胃酸が逆流しやすい

女性にとって美は永遠のテーマであり、日々、体形維持に余念がありません。
そうした中、妊娠中にもかかわらず無理なダイエットをする人がいますが、そうすると胃酸が逆流するリスク高まるので気をつけましょう。

 

基本的に無理なダイエットをすると体を壊す元になりますが、特に妊娠中は体の状態が安定していないので注意が必要です。
無理なダイエットは、様々な症状を露呈することになり、そうした中、逆流性食道炎にも注意しないといけません。
妊娠中は腹部が圧迫されている状態なので、ダイエットすると胃酸が逆流しやすく、結果、逆流性食道炎を起こしやすくなります。
実際、腹部肥満の人やいつもお腹を締め付ける服装をしている人は、逆流性食道炎を起こしやすいと言われていて、妊娠中はまさにその状態です。
お腹の中に赤ちゃんが育つと、どんどんお腹は大きくなり、それは逆流性食道炎の発症率を高めることになってしまいます。
腹部が圧迫されている妊娠中は、胃も圧迫されていて、胃酸を含む内容物が逆流しやすい状態にあるので、そうした時に無理なダイエットをするのは禁物です。
不快な胃の症状を抑えるためにも、胃酸が逆流するリスクが高まりやすい妊娠中のダイエットはできるだけ避けるようにしましょう。

 

妊婦が逆流性食道炎にかかりやすいのは、この時期、胃酸が逆流しやすいくなっているからで、その原因として妊娠することでホルモンバランスが変わることが影響しています。
黄体ホルモンが継続して分泌される状態になるので、そのことが胃の消化力を低下させ、消化する時間が長くかかるようになります。
こうしたことが起きるので、胃酸の分泌が増えて食道に逆流しやすくなるのですが、特に妊娠中期以降は胎児の成長と共に益々胃を圧迫する状態です。
そうなると胃が下から押し上げられるので、より胃酸が逆流しやすくなり、喉や食道に炎症を起こすことが懸念されます。
胃酸が食道に戻ってくると食道の粘膜は強い酸にさらされることになり、炎症が起こる可能性があるので、くれぐれも妊娠中のダイエットは避けるようにしましょう。
どうしても妊娠中に痩せようと思うなら、胃腸が弱い人向けの酵素ドリンクを併用すると良く、質の良い酵素が入っているドリンクを食事に足すことで健康維持に貢献します。

 

妊娠中は腹部が常に圧迫されている状態であることから、胃酸が逆流しやすいので、無理なダイエットはしないよう注意が必要です。
逆流性食道炎を起こしやすい状態にあるのが妊娠中なので、日々、お腹が大きくなる時期にダイエットするのは危険が伴うので止めましょう。

 

 

 

上部へもどる