ガムが胸焼けに効果

胸焼け予防にはガム

ガムを噛むと脳の活性に良いということで、毎日のようにガムを噛みます。しかし胸焼け予防には、意外とガムが効果があるとのことです。これは本当なのでしょうか。

 

苦しい胸焼けがガムを噛むだけで解消するなら実に有り難いのですが本当に効き目があるのでしょうか。もしそれが本当だとしたら、そこには何らかの理由があるはずです。
その辺を調査してみました。

 

実はスーパーやコンビニで販売しているガム。
ガムには胃酸を中和する働きがあり、そのことが胸焼け予防につながるとのことです。

 

あのクチャクチャするガムに。
ガムで胸焼け予防できるのは本当で、食後の胸焼けが酷い場合にガムを噛むと唾液が出て食道内の酸を中和するので胃の状態を良くしてくれるのです。

 

胃酸は食べ物を消化するために強酸性になっていることから、胃の内側は粘膜でしっかりガードされています。

 

要するに胃酸で傷がつかない仕組みになっているわけです。
でも、残念ながら食道には強力な粘膜がないので、胃酸が逆流すると胸焼けが起こる可能性があるわけです。

 

ガムには胃酸の効果を軽減する作用があるとのことですが、だけで毎日のようにたくさんのガムを噛めば胃の病気が治るわけではありません。

 

ガムを食べることによって、食事の後の胸焼けが緩和されますが、病気を治すわけではありません。

 

よく噛んで食べると、消化しやすくする作用があるのは多くの人が知るところですが、食後にガムを噛んで唾液を増やすことは胸焼けに効果的に作用します。

 

唾液には酸を中和する働きがあり、ガムを噛んで唾液を出してそれを飲み込むことで食道内の酸を洗い流してくれます。
食道がダメージを受けるのを抑える効果が期待できるので、胃酸の分泌が増す食後にガムを噛むと良いでしょう。

 

だからといって、胃酸の原因であるストレスを貯めてもいいというわけではありません。

 

胸焼けの症状がガムで解消されるのは、それなりに根拠があり、胃酸を中和する働きによるものです。
胃酸が食道に流れてしまうことによって胸焼けが発生するのですが、ガムを噛むと唾液が出ます。
唾液はアルカリ性なので、酸性の胃酸と混ざり合って中和されることで、胸焼けを解消することにつながります。
胸焼けのような気持ち悪さは、胃から食道に胃酸が流れることにより感じるのですが、ガムを食べることで出る唾液が食道まで上がってきた胃酸を胃へ戻す効果も期待できます。
このように、ガムを噛むと胸焼け軽減効果が期待できるわけですが、どちらかというと、甘いシュガー入のガムより、糖を含まないタイプのガムのほうが効果は大きいようです。
そのため、少しでも胸焼けを和らげたいのなら、糖を含まないタイプのガムを選びましょう。
確かにガムを噛むことによって胸焼けの症状が緩和されるのは、あくまで一時的なもので、応急処置的なものであることを忘れてはいけません。

 

胸焼け予防にはガムが有効で、ガムを食べると唾液が出るので、胃酸を緩和するのです。

 

できることなら、ガムを選ぶときは砂糖の少ないのがおすすめです。
また、食道に上がってきた胃酸を胃へと押し流す効果も期待できるので、手軽にできる胸焼け軽減の対処法としてガムはオススメです。

 

 

上部へもどる