非びらん性胃食道逆流症状とは?

ストレスをできるだけたまらないように

どんなに体の健康に気を使っていても、年齢などで体は崩れてくるものです。そんな中で今回は非びらん性について紹介していきたいと思います。

 

非びらん性胃食道逆流症状は、逆流性食道炎に似た病気とされています。あまり知らない人もいるかもしれませんが、その中身が気になるところですね。

 

普段の食後や腹部をグイグイと圧迫した際に、嫌なその症状が強く起こるわけですが、逆流性食道炎と多少違ってきます。しかし検査で食道炎を確認できません。

 

非びらん性胃食道逆流症については、お腹が張ったり、食べた時にすぐにお腹がいっぱいになったりなど、人によって症状は様々です。
ただし、言えることとしては、どちらかとうと高齢者にその症状があらわれやすく頻度は少ないようで、ストレスを感じやすい若い女性に多い傾向があります。

 

どちらかと言うと、重症になって初めて発見されることが多いことから、胃に何等かの症状を感じた時はすぐに医師に診てもらった方がいいでしょう。

 

胃の内容物が食道に逆流することで胸やけなどの症状が出るのですが、食道にはびらんや潰瘍がないのが特徴の病です。
内視鏡検査をしても粘膜にただれや潰瘍などの異常が認められず、いわゆる胸やけを感じている状態を指します。
主に食道の近くで起こる症状としては、胸やけがしたり、げっぷが出たり、胸の痛みを感じることが多く、食道の他には声がかすれたり、喉に違和感があります。

 

中耳炎やぜんそくに似たような咳が出ることもあり、睡眠時無呼吸症候群などのような症状が出るケースもあります。

 

だからといって何をどうすればいいかというと、今の段階ではやはり定期的に病院で検査を受けることが重要。

 

食道に胃酸が逆流することによって起こる非びらん性胃食道逆流症は、食道粘膜を刺激するので、長期的視野で考察すると食道がんのリスクも懸念されます。

 

ただ、内視鏡検査で異常が見られないのがやっかいで、胸部の痛みや胃の不快感、げっぷや咳など、幅広い症状に悩まされることになります。
通常は、内視鏡検査をすると食道部分が赤くなっていたりする症状が見られるのですが、非びらん性の場合、内視鏡では症状が確認できません。
しかし胃酸逆流の患者の大半が非びらん性というデータもあり、病院側でも患者の訴える症状を改善させることを優先している状況です。
非常に対応に苦慮する病であり、診断や治療の難しさが指摘されています。
これまでは、逆流症の軽症型だと思われていたのですが、近年は軽症ではなく、患者の生活の質を大きく下げることがわかりました。
食道粘膜の知覚過敏が原因になって胃酸逆流が起こるケースが多いので、ストレスを感じやすい若い女性に多いのです。

 

この病気は、胸やけなどがあるものの、食道にはびらんや潰瘍はないです。
原因はまだ確定されていませんが、食道粘膜の知覚過敏からくる胃酸逆流であることが多いので、ストレスは溜めないようにしましょう。

 

といっても、ストレスがたまらないことはありえないために、普段からどのようなことをしたら良いのかを意識したいものです。

 

 

 

上部へもどる