逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎と若者、高齢者

今の時代だからこそ出来上がった料理を美味しくいただけることができます。でも、これが実は病気のもとになってしまいます。
それが逆流性食道炎の原因にもなります。

 

最近、若い人にも増えている病で、胸焼けがしたり、ゲップが出たりなど、独特の症状があります。

 

これまでは高齢者に起こりやすかったのですが、食生活がどうやら影響しているようです。

 

食道と胃をつなぐ役割をしている下部食道括約筋が、加齢によって低下すると、胃液の逆流を防ぐことができなくなって胃の中のものが食道に戻り、体内にダメージを与えてしまうわけなんです。

 

こうしたことから、これまで逆流性食道炎は高齢者の方がよくかかる病気だと考えられていました。

 

しかし近年、脂肪分が多く含まれている食事を摂ることが多くなったため、若者でも逆流性食道炎を起こす人が増加しています。

 

若者にも増加している逆流性食道炎の原因には食生活が深く関係していて、胃の中にある物が食道に逆流することにより粘膜を刺激し、発症します。

 

初期の段階では気づかないのですが、徐々に症状が悪化し、なかなか治らなくなる。

 

脂肪分を多く含んでいる食事が好きで、よく食べる人に逆流性食道炎が起こりやすいのは、脂肪を摂りすぎて消化に負担がかかってしまうからです。

 

食道括約筋がゆるむことによって胃酸が増加してしまうと、逆流性食道炎にかかりやすくなるので、普段から脂肪分が多いものばかり食べている人は注意しましょう。

 

消化しにくい脂肪は、胃酸を増やす元になるので、胸焼けなどの症状がある人は避けるのが賢明ですよ。

 

普段の食生活で不摂生を繰り返していると、慢性的な逆流性食道炎に悩まされることになるので気をつけましょう。

 

若者に逆流性食道炎が起こってしまうのは、負担の掛かる食生活が胃にダメージを与えるからで、そうした生活をしていると便秘になって腹圧が高まってしまいます。

 

便秘の定義ははっきりと決まっていませんが、3日異常排便が起こらないと、腹部が膨れ張ってしまう。すると胃が腸から圧迫されやすくなってしまうので、慢性的な便秘になってしまい、若い人でも逆流性食道炎になってしまう時があります。

 

逆流性食道炎の人は、脂っぽいものを食べたり、スナック菓子やラーメンなどの胃に負担がかかってしまう食事は控えて、うどんやお粥などの胃に優しいものを食べるようにしましょう。
お菓子などは少しくらいならいいと思いがちですが、間食すること

 

自体、胃酸過多の原因になるので、とにかく胃への負担を少なくする必要があります。

 

っといっても、なかなか改善できないものであり、意識していても好きなものを食べてしまいます。

 

胃酸の分泌量をいかに減らすかが逆流性食道炎の症状を改善するポイントになるので、食生活にオリーブオイルを取り入れるのもオススメです。

 

オリーブオイルを使った料理は、逆流性食道炎の予防だけでなく便秘を改善する効果も期待できるので、積極的に摂るようにしましょう。

 

逆流性食道炎は、高齢者だけでなく若い人にも起こり得ます。
その原因は、胃に負担がかかることで生じていることが多いので、普段の食事は胃に負担のかかる物は避けるようにしましょう。

 

 

上部へもどる