食事管理の意識

食事のバランスを考える

逆流性食道炎の原因として暴飲暴食、運動もせずに、すぐに眠ることで胃の酸化が増えることが要因です。そのために、胃腸などにかかる負担をどれだけ意識できるかが大切だと思います。タケプロンを服用することで、改善効果はありますが、そのあとに同じような食事管理をしていたら、何度も再発しえしまうので、心がけなくてはいけませんね。

 

とくに、逆流性食道炎も、夜に大量に食べ飲みをすることなので、この部分を意識して、食事管理を徹底的に変えることが大事だと思います。

 

そこで、おすすめなのが大豆製品と野菜、果物です。いきなり肉や酒の量を減らすのは難しいと思うので、一緒に大豆などを食べることで、バランスよく食事管理が取れて、逆流性食道炎の予防につながると思います。
胃や腸などの消化器官が夜の間も働いて疲れているので、正松は少し休めるように、、自分なりのペースをつくり、今までと違った、管理体制を整えることで大きく変わると思います。

 

 

上部へもどる