キャベツで胃の違和感を緩和させる

胃とキャベツの関係

胃の痛みを和らげるためにキャベツが進められています。

 

ミネラルが豊富に含まれているキャベツは、ヨーロッパでは貧乏人の医者と呼ばれていました。なんだか、悪いイメージが有るのですが、このキャベツには胃の調節をする効果があるために、胃の軽い痛みを感じている場合は、薬を服用するよりも、逆に野菜のキャベツの方が高価買滝出るかもしれませんね。

 

ヨーロッパでは、古くから、胃潰瘍を治す特効薬としてキャベツ汁が飲まれてきましたが、1951年にアメリカスタンフォード大学科学のチェイニー教授が胃潰瘍に飲ませた所、全員が治癒したというデータが出ています。

 

キャベツに含まれるビタミンUには胃・十二指腸で傷ついた粘膜を修復する作用があることがわかっています。

 

もし、胃を緩和するためにキャベツを食べる場合は生がオススメ。
そのために、ジュースにして飲むことがオススメになります。

 

ニンジン2本、りんご2/3個、キャベツ100gをジューサーに欠けること。結構甘くて美味しく飲めますね。毎日のように飲むと、今まで傷んでいた位の違和感がスッキリとなると思います。

 

 

上部へもどる