過剰なストレスによる痛み

胃とストレス

世の中は思い通りにならないことが当たり前であり、その中でどのように考え歩んでいくかが重要でありますが、うまく自分をコントロールすることができずに、どんどんと深掘りに入り込んでしまい、過剰なストレスを貯めこんでしまいます。

 

多少のストレスなら、他のことをして、回避することは出来ると思いますが、過剰なストレスだと、なかなかぬけ出すことができなくなります。すると、精神的な部分から、今度は身体的な部分に対して負担が起こります。

 

特にストレスから起こりやすいのが機能性でぃスペシアによる胃の負担です。ストレスがきっかけとなり、胃の運動機能が低下し、胃の膨らみが悪くなり、消化不良を起こしたり、胃酸が出過ぎて痛みを感じたりします。

 

精神やストレスなど、胃とは関係ないように実は、セロトニンなどは胃の一部で生成されているために、とても重要であり、胃に入っている神経に負担をかけると、それだけダメージを受けてしまいます。

 

最近のアメリカのデータによると、ストレスが原因で24時間後に腹痛や下痢が起こり、長年胃の痛みの不調に悩んでいる人が増えているというデータが出ています。

 

一昔と違い、最近ではストレスを過剰に受けやすい人が増え、なおかつ、胃に対してのダメージが起こりやすいこともわかっています。

 

普段とは異なるような違和感を感じた場合はまず、病院の皮膚科や消化器科内で検査をおすすめします。

 

 

上部へもどる