胃の違和感を感じた場合

唐辛子が効果的

普段からの心がけをしておくことで、悩むようなことはさほど無いとは思いますが、どうしてもそのままにしがちになるのが胃です。何か症状が起こってから、薬を服用したり、病院の世話になってしまいますが、遅すぎては取り返しがつかなくなる恐れがありますので、事前からの心がけをしておくことが重要になります。

 

胃の壁の感受性が高すぎるために、なにか食べて胃酸が分泌されると通常の量でも痛みを感じてしまうことが有ります。溝位置の痛みや胸焼けなど特徴的な症状が見られたりする恐れです。そのままにしておくことで、痛みから、どんどん吐き気や嘔吐になるおそれがあるために、注意が必要です。

 

そのままにしておき、改善することも有りますが、何よりも怖いのが、悪化してしまうことです。

 

みぞおちの痛みでキリキリ差しこむような痛みが走ります。それから、胸焼けですね。食べた後、すぐにムカムカして胸焼けがして、酸っぱい込みあげるような症状を感じたりします。

 

ここで利用したいのが胃薬のファモチジンで出番になると思いますが、症状がさほど強くはないのですが、薬は頼りたくないという人もいます。ファモチジンなどのH2ブロッカーは確かに効果はありますが、その分他の臓器に対する作用もしますので、当然の事ながら副作用が起こる可能性もあります。

 

ではどうしたら良いのか?

 

ここで利用したいのが唐辛子です。
胃の中に、辛い唐辛子を消化させるのは、あまりよろしくないように思いがちですが、実は唐辛子に含まれているカプサイシンを長期的に取ることで、命かくを司るTRP1と呼ばれる反応が鈍くなり、これがいを強くしてくれるわけなんですね。

 

つまり、胃の違和感を少し感じた時、または胃のことを考えて、予防をしたいと考えたら、毎日のように唐辛子に関する食事を採ることをおすすめします。

 

 

上部へもどる